北ミサイルでコメ130万トン

 韓国国防省は26日、北朝鮮が4月の発射を宣言した長距離弾道ミサイルの開発などの費用が、推計8億ドル(約660億円)以上にのぼると明らかにしました。

 韓国メディアなどの試算によると、アメリカと北朝鮮が先に合意した24万トンの栄養補助食品支援をはるかに上回る、コメ130万トン以上を購入できるということです。
 同省関係者は「長距離ミサイルの開発と発射に要する天文学的な費用で、飢餓にあえぐ北朝鮮住民の食糧難を解決できる」と北朝鮮を改めて非難しました。

 ミサイルだけの話ではありません。全てにおいて軍事が優先する、北朝鮮の先軍政治。ミサイルも核開発もその一環で、そのための費用で食料を輸入すれば食糧難の解決が簡単だというのは子供にもわかり理屈。そして、そんな状態でも金ファミリーは北朝鮮における事実上の王族として贅沢三昧の生活を送っているわけです。早い話、北朝鮮への援助は、金ファミリーの生活や軍事力整備の援助と同じ事です。