福見、西田 決勝に進出

柔道のグランドスラム・パリ大会が4日に開幕しました。初日は男女7階級が行われ、女子は48キロ級で世界ランク2位の福見友子(了徳寺学園職員)と、52キロ級で同1位の西田優香(同)が決勝進出を決めました。
57キロ級の佐藤愛子(同)、63キロ級の田中美衣(同)も4強入りを果たしましたが、同級の阿部香菜(三井住友海上)は準々決勝で敗れて5位となっています。

男子は、60キロ級の川端龍(国士舘大学)、73キロ級の大野将平(天理大学)とも、4回戦で敗れました。

世界ランク1、2位を日本勢が占める女子軽量級の代表争いは、いよいよ佳境ですが、この大会48キロ級で世界選手権2連覇の浅見八瑠奈(コマツ)が負傷で欠場しており、福見との直接対決は、5月に福岡で行われるオリンピック最終選考会の全日本選抜体重別まで持ち越されています。

どうもこの所柔道の話題は女子が中心です。男子ももう少し頑張って欲しいものです、特に重量級。