ボート男子オリンピック選考やり直し

 日本スポーツ仲裁機構(JSAA)は27日、ボート男子の武田大作(38)が、4月に韓国で行われたロンドンオリンピックのアジア予選における代表選考会で補欠となった結果を不服として、日本ボート協会に再選考を求めた申し立てを認め、武田と代表選手2人の決定をすべて取り消しました。武田は、同競技でオリンピックに4大会連続出場中の第一人者。
 オリンピック代表選考に絡む仲裁は3件目ですが、申し立て人の主張が認められたのはこれが初めてのケースです。再レースなど、再選考の方法などは協会の判断に委ねられます。

 昨年11月、軽量級ダブルスカルのアジア予選選考会は候補6人がそれぞれペアを組んで行われました。同競技では2、3位が僅差の場合はプレーオフを行う規定があり、3位の武田はプレーオフ2レースで2勝しました。しかし、日本協会は10回のレースで著しくタイムが悪かった1選手と組んだレースを選考から除外した。その結果、武田の3位は2位と「僅差」でなくなり、プレーオフ自体が無効となっていました。
 この結果に対してJSAAは、除外された選手と組んだ時に、タイムが悪かった選手が有利になるなど、「著しく合理性を欠く結果を生じている」と判断を下したものです。

 日本協会の平岡英介副会長は「(再レースを含め)強化委員会で選考方法を検討し、3月中には代表2名を決めたい」とコメントしています。しかし、本当によく判らないシステムですね。何故こんな制度になったのか?。