ツイッターで北九州市長殺害呼びかけた男を逮捕

 福岡県警は1日、自身のツイッター上で北橋健治・北九州市長の殺害を呼びかけたとして、岐阜県関市出来町の家電販売店店員小瀬木弘昭容疑者(31)を脅迫容疑で逮捕しました。

 福岡県警の発表によると、小瀬木容疑者は5月22日午後8時20分頃、自宅のパソコンから簡易投稿サイト「ツイッター」に、「こいつ(北橋市長)を殺害すると宣言し、実行に移しましょう」などと書き込み、北橋市長を脅した疑いがもたれています。市にメールで情報が寄せられ、24日に通報していたものです。
 小瀬木弘昭容疑者は「(北九州市が検討している)東日本大震災のがれき受け入れが許せなかった。殺害するつもりはなかった」と供述しているということです。

 バカですね。仲間内の飲み会で、ならまだしも、ツイッターで投稿すると言うことは全世界に向けて公言したのと同じ事です。インターネットと言うのは公開範囲を自分で制限しない限り、全世界に対して公開されてしまう物。それを認識せずに、まるで仲間内の内緒話をするかのようにインターネットを使ってしまう人間が意外に多くて驚きます。