吉田沙保里の父、栄勝さん急死

 レスリング女子55キロ級でオリンピック3連覇を遂げた吉田沙保里(ALSOK)の父、栄勝さん(61)が亡くなりました。

 栄勝さんは11日午前7時15分ごろ、津市小舟の伊勢自動車道上り線の路肩に止まった車内で倒れているのを別の車の運転手が発見。栄勝さんは病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。死因はくも膜下出血とのことです。
 車の前方には傷があり、追い越し車線脇の中央分離帯に接触後、300メートル先の走行車線左側のガードレールにぶつかり、路肩に停車した模様で、状況などから運転中に発症した栄勝さんが路肩に車を止めようとし、停車後に完全に意識を失ったと見られます。

 吉田栄勝さんは、青森県八戸市出身。高校時代にレスリングを始め、専修大学経済学部に入学後は男子フリースタイル57㎏級選手として活躍。1973年には全日本レスリング選手権で優勝、同年のアジア選手権で準優勝、世界選手権で4位の成績を上げています。
 大学卒業後は自宅にジュニア向けレスリング道場を開き、自身の3人の子息を含め、多くの子供たちを指導。2009年にレスリング女子日本代表コーチに就任、2010年アジア選手権では女子チーム監督を務め、2012年のロンドンオリンピックでは女子代表チームコーチを務めました。

 オリンピック3連覇を含む世界大会14連覇を達成した女子レスリング最強選手、吉田沙保里を育て上げた栄勝さん。関係者の話によると高血圧だったようです。ロンドンオリンピックで金メダルを獲得した吉田選手に肩車されて、マットを一周した姿が忘れられません。