男子レスリング24年ぶりの金メダル

 ロンドンオリンピックのレスリングは12日、男子フリースタイル66キロ級が行われ、昨年の世界選手権準優勝の米満達弘(自衛隊)が、決勝でインド選手を2―0で破り、金メダルを獲得しました。
 男子レスリングの金メダルは、1988年のソウルオリンピック以来、24年ぶりのことです。

 米満は初戦の2回戦で、キューバ選手を2―0で破り、準々決勝では、カナダ選手に2―1で逆転勝ち。準決勝でアゼルバイジャン選手を2―0で下すと、決勝も2-0。

 米満達弘は陸上自衛隊朝霞駐屯地・自衛隊体育学校所属に所属する自衛官で、階級は三等陸尉。2008年全日本学生選手権フリースタイル66kg級で優勝して文部科学大臣杯を獲得し、天皇杯全日本選手権でも優勝。翌2009年には世界選手権にも出場し、銅メダルを獲得。2011年の世界選手権でも日本勢16年ぶりとなる銀メダルを獲得し、ロンドンオリンピックの日本の出場枠を獲得。同年12月に開催された全日本選手権でも優勝して、ロンドンオリンピック代表に決定していました。

 24年前、ソウルオリンピックで金メダルを取ったのが小林孝至選手。帰国後に金メダルを紛失して大騒ぎになった選手ですが、あれ以来日本男子レスリングには金メダルがなかったのですね。