火星の衛星フォボスが崩壊?

 NASAのゴダード宇宙飛行センターに所属するテリー・ハフォード氏らのチームは、11月11日に開かれたアメリカ天文学会惑星科学部会の年次総会で、火星の衛星フォボスは火星の潮汐力によって崩壊し始めているとの説を発表しました。

 発表された説によると、フォボスの表面に何本も走る長く浅い溝は、火星の潮汐力でゆっくりと引き裂かれている最初の兆候であると言うことです。

 フォボスは火星の第1衛星で、火星の上空約6000kmの軌道を回っており、太陽系の衛星の中で惑星との距離がもっとも近く、火星の重力によって100年に2メートルずつ「落下」していると言われています。

 フォボスの崩壊説は以前にもありましたが、その当時はフォボスがもっと硬い天体と考えられており、これを引き裂くには潮汐力では弱すぎるとされていました。しかし、最新の研究ではフォボスの内部は辛うじて形を保っている厚さ100メートルほどの堆積物の集まりの可能性があり、今後3000万年~5000万年の間にフォボスが崩壊すると予測しています。