時価総額歴代最高49兆円

 20日のアメリカ株式市場で、アップルの時価総額が6235億ドル(約49兆4800億円)を超え、マイクロソフトが1999年に記録した6205億ドルを超えて、史上最高を更新しました。この数字は2位のアメリカ石油大手エクソンモービルより5割以上高く、日本企業最大のトヨタ自動車(20日終値で約11兆2000億円)の4倍強に当たります。

 アップル株は20日、上場来高値の650.01ドルで取引が始まると、午前中には662ドル台を超え、マイクロソフトが1999年12月30日の取引時間中につけた時価総額の最高記録を更新。その後もアップル株は伸び続け、上場来高値となる665.15ドルで20日の通常取引を終え、終値ベースでも過去最高を記録しました。
 同社が主力のスマートフォン「iPhone(アイフォン)」の新モデルを9月に発表するとの見方が強まり、好業績が続くことへの期待感から買いが膨らんだものです。

 iPhone4Sを発売以来、約2年新機種の発売がなく、今回は久しぶりに「iPhone」を全面刷新するとみられることから、投資家の間ではさらなる業績拡大への期待が高まっているようです。