2012年第1四半期のタブレット端末出荷台数

 NPD Groupのディスプレイサーチが現地時間2012年5月22日に発表した、ノートパソコン、ネットブック、タブレット端末を合わせたモバイルPCの世界市場に関する調査結果によると、2012年第1四半期(1~3月)における出荷台数は7620万台で、前年同期に比べ30%増加したそうです。このうち、特にタブレット端末の出荷台数は同124%増となり、ノートパソコンとネットブックの伸び率12%を大きく上回っています。

 メーカー別に見ると、アップルが22.5%でトップ、以下ヒューレットパッカード(HP)が11.6%、台湾のエイサーが9%、中国のレノボグループが7.7%、デルが7.3%が上位5社となっています。
 なかでもアップルは前年同期118%増の1720万台と高い伸びを示しており、同社は出荷台数シェアで引き続き首位。同社の製品iPadの出荷台数は前年同期比162%増の1360万台に達しています。

 なおタブレットを除いたモバイルPCの出荷台数で見ると、上位5社はヒューレットパッカード(アメリカ)、エイサー(台湾)、レノボ(中国)、デル(アメリカ)、アスース(台湾)の順になっています。
 一方タブレット端末の出荷台数上位5社は、アップル(アメリカ)、サムスン(韓国)、アマゾン(アメリカ)、リサーチ・イン・モーション(カナダ)、アスース(台湾)の順。

 トップのアップルはシェアは62.6%(1360万台)を占めており、2位サムスンの7.5%(160万台)、3位アマゾンの4%(90万台)を大きく引き離しています。アップル強い!。

卵の膜で太陽電池30倍長持ち

 3月に京都府で開かれた、日本農芸化学会が主催する「ジュニア農芸化学会」で、米子工業高等専門学校(鳥取県米子市)の学生が手がけた、「卵の膜で太陽電池を長持ちさせる研究」が最優秀賞に選ばれました。すでに食品会社の「キューピー」が、技術や機械、資金などを提供して電池の開発に協力したいと申し出たといい、今月末から具体的な協議を始めるそうです。

 この化学会は高校生を対象にした化学研究の発表会としては全国最大規模のもので、受賞したのは同校の「B&C研究同好会」のメンバー4人。同会は、卵の膜で太陽電池が長持ちする性質を発見し、昨年2月から開発を続け、昨夏には通常より30倍持続力のある電池の開発に成功。結果を「日本学生科学賞」で発表、中央審査で入選2等となっていました。ただ、膜の形や載せ方で発電量などにムラがあり、今回その内容を改良、試行錯誤の末により高い性能を出せる条件を見つけて栄冠をつかみました。

 30倍というのは凄い数字ですが、ただ太陽電池は元々20年くらいは使えるものなので、どれだけメリットがあるかは不明です。もしこれで、コストを大幅に下げる事が出来るならメリットは大きいのですが。どちらにせよ、太陽電池に一番求められるのは発電量です。これが向上しないと実用には限界があります。

百科事典ブリタニカ、完全ネット移行

 244年の伝統を誇る英語の百科事典「エンサイクロペディア・ブリタニカ」が書籍版の歴史に幕を下ろし、インターネットを通じた電子版に全面的に移行することになりました。

 アメリカ国内での販売部数は、ピークの1990年は120000部でしたが、2010年版は8000部と1/15にまで落ち込んでいました。書籍版売り上げ低迷の最大の理由は、インターネット百科事典「ウィキペディア」などの普及にあるとされています。しかし、それ以前から百科事典自体が売れなくなっていましたし、ブリタニカもCD版など電子化が進んでいました。

 ブリタニカ百科事典は、1768年からエディンバラでアンドルー・ベル、コリン・マックファーカー、ウィリアム・スメリが共同で100分冊を週刊で発行したのが始まりです。第10版は丸善とのタイアップで日本にも輸入され、大英百科全書として紹介され、伊藤博文、後藤新平、新渡戸稲造、徳富健次郎、犬養毅など各界の著名人が買い求めたといいます。
 1901年以降はアメリカ合衆国で発行され、現在に至るまで15版が跛行されてきましたが、全32巻の2010年版(1395ドル=約11万7千円)が最後となります。