黒子のバスケ展

 サンシャインシティワールドインポートマート3階のJ-WORLD TOKYOで、5月17日から7月6日まで、「週刊少年ジャンプ」で連載中の大人気バスケットボール漫画『黒子のバスケ』のミニ展示が開催されています。

 J-WORLD TOKYOは集英社の週刊少年ジャンプに掲載されている漫画作品の世界をテーマとしたテーマパークで、集英社の特別協力のもと、アミューズメントスポット事業会社ナムコが運営を担当しています。

 『黒子のバスケ』自体は既に3月14日からJ-WORLD TOKYOに登場しており、エリア内では誠凛高校の校門、部室、体育館を再現。来場者は誠凛高校バスケ部にマネージャーとして一日体験入部するという趣向になっています。
 今回の「黒子のバスケ展 ミニ in J-WORLD TOKYO」では、『黒子のバスケ』の単行本もしくは週刊少年ジャンプを持参して来園すると、全8種の中からランダムで特製ステッカーをもらえ、さらに2枚集めると「帝光中ポストカード(全2種)」の中から好きな方を1枚もらえるという特典付き。黒バス好きなら、是非キセキの世代を目指してチャレンジしたい所でしょう。

 黒子のバスケを巡っては、一連の脅迫事件の影響で各種イベントの自粛や中止が相次ぎましたが、事件が解決してからは盛んに開催されるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です