鳩山元首相、民主党最高顧問に復帰

 民主党は16日の常任幹事会で、党員資格停止処分が明けた鳩山由紀夫元首相を党最高顧問に復帰させる人事を了承しました。
 輿石東幹事長は鳩山氏に電話で「野田佳彦首相と相談した。最高顧問として外交を担当してほしい」と要請し、鳩山氏も受け入れる意向のようです。

 鳩山氏は消費税増税法への反対を理由に、衆院採決前の6月26日に最高顧問を辞任。当初6カ月の資格停止でしたが、党倫理委員会が再考を促し3カ月に短縮する処分が7月9日に下されていました。しかし、停止期間中にも離党をほのめかしたり、官邸前の反原発デモに参加するなどやりたい放題。元をたどれば総理大臣時代に、脱税や普天間基地移設問題で失政をくり返して党の信用を失墜させ支持率を下げた、言わばA級戦犯。
 野田総理も、鳩山元首相が良い仕事をしてくれるなどとは夢に思っていないでしょうし、逆に内閣支持率が下がる事も容易に想定できたはず。それでも、消費税問題で崩壊寸前の党を何とかまとめようと、野田佳彦首相に批判的で小沢一郎の盟友でもある鳩山氏を取り込んで離党を防ごうとの狙いでしょう。しかし、どこから見ても貧すれば鈍する状態にしか見えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です