「Windows Phone 8」を発表

 マイクロソフト(アメリカ)は現地時間の2012年6月20日、スマートフォン向けオペレーティングシステム(OS)「Windows Phone」の次期バージョン「Windows Phone 8」を正式発表しました。同社のパソコン用OSの次期バージョン「Windows 8」と同様、2012年後半に出荷する計画です。

 従来のWindows Phoneは、OSの基幹部分にモバイル機器向けのWindows CE系カーネルを採用していましたが、Windows Phone 8ではWindows 8と共通のWindows NT系カーネルを採用しています。Windows 8とカーネルを共通化することで、Windows 8向けの機能やハードウエア、アプリケーションをWindows Phone 8に移植することが容易になるということです。なお、カーネルが変わるため、現行のWindows PhoneからWindows Phone 8へのアップグレードはできません。

 Windows Phone 8は50の言語をサポートし、アプリを配信するマーケットプレースは180以上の国や地域で展開。第1弾として端末を提供するのは、ノキア(フィンランド)、ファーウェイ・テクノロジーズ(中国)、サムスン電子(韓国)、HTC(台湾)の4社と言う事ですが、さすがに少ないですね。市場でのシェアをそのまま反映しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です