2012年第1四半期のタブレット端末出荷台数

 NPD Groupのディスプレイサーチが現地時間2012年5月22日に発表した、ノートパソコン、ネットブック、タブレット端末を合わせたモバイルPCの世界市場に関する調査結果によると、2012年第1四半期(1~3月)における出荷台数は7620万台で、前年同期に比べ30%増加したそうです。このうち、特にタブレット端末の出荷台数は同124%増となり、ノートパソコンとネットブックの伸び率12%を大きく上回っています。

 メーカー別に見ると、アップルが22.5%でトップ、以下ヒューレットパッカード(HP)が11.6%、台湾のエイサーが9%、中国のレノボグループが7.7%、デルが7.3%が上位5社となっています。
 なかでもアップルは前年同期118%増の1720万台と高い伸びを示しており、同社は出荷台数シェアで引き続き首位。同社の製品iPadの出荷台数は前年同期比162%増の1360万台に達しています。

 なおタブレットを除いたモバイルPCの出荷台数で見ると、上位5社はヒューレットパッカード(アメリカ)、エイサー(台湾)、レノボ(中国)、デル(アメリカ)、アスース(台湾)の順になっています。
 一方タブレット端末の出荷台数上位5社は、アップル(アメリカ)、サムスン(韓国)、アマゾン(アメリカ)、リサーチ・イン・モーション(カナダ)、アスース(台湾)の順。

 トップのアップルはシェアは62.6%(1360万台)を占めており、2位サムスンの7.5%(160万台)、3位アマゾンの4%(90万台)を大きく引き離しています。アップル強い!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です