村田修一、引退へ

 昨シーズンオフに東京読売巨人軍を自由契約となり、独立リーグの栃木ゴールデンブレーブス(BCリーグ)でプレーを続けながらNPBへの復帰を目指していた村田修一選手(37)が1日、事実上の引退を表明しました。

 村田選手は2002年のドラフト会議で、当時の横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)に自由獲得枠で日本大学から入団。同じ1980年生まれには松坂大輔投手がおり、松坂世代と呼ばれる選手の1人として注目され、ルーキーイヤーは打率こそ2割2分4厘と低い数字でしたが、ホームラン25本を記録して長打力を見せつけました。

 2006年からは3年連続でホームラン30本以上を記録、2007年と2008年はホームラン王のタイトルを獲得、リーグを代表するスラッガーとなりました。が、翌年から成績が低迷。2011年シーズンオフにフリーエージェント(FA)で巨人へ移籍しますが、期待されたほどの働きは出来ず、昨シーズンオフにチームの若返りを図る球団の方針から自由契約となっていました。

 巨人としては、チームに残っても出番は殆ど無い、自由契約にすれば獲得に動く球団があるだろう、FAやトレードより移籍のハードルは下がるとの判断がありました。しかし、年が明けても獲得に動く球団はなく、村田選手は独立リーグでプレーしながらNPBへの復帰を目指していました。しかし、年内の支配下登録期限となる7月31日を迎え、年内復帰の可能性が無くなったため、この日会見を開いたものです。

 村田選手は「引退という言葉は使いたくない」、としながら「来年もNPB復帰を目指すのは考えにくい」と事実上の引退宣言となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です