ユーチューバーに罰金40万円

 交番の前に白い粉の入った袋を意図的に落として逃走、警察官に追跡される動画をユーチューブに投稿した事件の判決公判が福井簡易裁判所であり、鹿谷大治被告(32)に求刑通り罰金40万円が言い渡されました。

 鹿谷被告は元妻と共謀して、JR福井駅の近くにある交番の前で故意にグラニュー糖の入ったポリ袋を落とし、逃走してみせる事で警察官に追跡させる事で警察官の業務を妨害した偽計業務妨害の罪に問われ、罰金40万円の略式命令が出されましたが鹿谷は支払いを拒否、正式裁判となっていました。

 鹿谷被告は撮影した動画をユーチューブで公開し、広告収入約10万円を得ていたと言う事です。

 最近こう言った犯罪まがい、と言うか完全に犯罪行為の動画を公開してアクセスを集めようとするケースがよく見られます。今回も鹿谷被告は広告収入約10万円を得ていました。

 犯罪行為が利益になる、等と言った前例を残さないために、この判決は当然。ユーチューブ側にも犯罪行為の動画や、投稿した人間のIDを削除するなどしてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です