村田修一、引退へ

 昨シーズンオフに東京読売巨人軍を自由契約となり、独立リーグの栃木ゴールデンブレーブス(BCリーグ)でプレーを続けながらNPBへの復帰を目指していた村田修一選手(37)が1日、事実上の引退を表明しました。

 村田選手は2002年のドラフト会議で、当時の横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)に自由獲得枠で日本大学から入団。同じ1980年生まれには松坂大輔投手がおり、松坂世代と呼ばれる選手の1人として注目され、ルーキーイヤーは打率こそ2割2分4厘と低い数字でしたが、ホームラン25本を記録して長打力を見せつけました。

 2006年からは3年連続でホームラン30本以上を記録、2007年と2008年はホームラン王のタイトルを獲得、リーグを代表するスラッガーとなりました。が、翌年から成績が低迷。2011年シーズンオフにフリーエージェント(FA)で巨人へ移籍しますが、期待されたほどの働きは出来ず、昨シーズンオフにチームの若返りを図る球団の方針から自由契約となっていました。

 巨人としては、チームに残っても出番は殆ど無い、自由契約にすれば獲得に動く球団があるだろう、FAやトレードより移籍のハードルは下がるとの判断がありました。しかし、年が明けても獲得に動く球団はなく、村田選手は独立リーグでプレーしながらNPBへの復帰を目指していました。しかし、年内の支配下登録期限となる7月31日を迎え、年内復帰の可能性が無くなったため、この日会見を開いたものです。

 村田選手は「引退という言葉は使いたくない」、としながら「来年もNPB復帰を目指すのは考えにくい」と事実上の引退宣言となりました。

ユーチューバーに罰金40万円

 交番の前に白い粉の入った袋を意図的に落として逃走、警察官に追跡される動画をユーチューブに投稿した事件の判決公判が福井簡易裁判所であり、鹿谷大治被告(32)に求刑通り罰金40万円が言い渡されました。

 鹿谷被告は元妻と共謀して、JR福井駅の近くにある交番の前で故意にグラニュー糖の入ったポリ袋を落とし、逃走してみせる事で警察官に追跡させる事で警察官の業務を妨害した偽計業務妨害の罪に問われ、罰金40万円の略式命令が出されましたが鹿谷は支払いを拒否、正式裁判となっていました。

 鹿谷被告は撮影した動画をユーチューブで公開し、広告収入約10万円を得ていたと言う事です。

 最近こう言った犯罪まがい、と言うか完全に犯罪行為の動画を公開してアクセスを集めようとするケースがよく見られます。今回も鹿谷被告は広告収入約10万円を得ていました。

 犯罪行為が利益になる、等と言った前例を残さないために、この判決は当然。ユーチューブ側にも犯罪行為の動画や、投稿した人間のIDを削除するなどしてほしいものです。

ストレスで増えた抜け毛予防に

 25歳フリーターでアルバイトをしています。アルバイトをする前は、4年ほど正社員で朝から晩まで働いていました。

 もともと抜け毛は結構ありましたが、髪の量が多かったので、さほど気にしていませんでした。しかし正社員として働いていた時、職場の人間関係があまり良くなくてストレスもあって年を重ねるごとに抜け毛が増えていくような気がしました。そして社会人3年目頃に、このままではダメだと思い転職しました。

 しかし転職した先の社内で上司がトラブルを起こし、半年で(去年6月に)退職することになってしまいました。その時のストレスは今まで生きてきた中でも相当のもので、みるみるうちに抜け毛が増え、今までは数本抜ける程度だったものが何本か一気に抜けたり、シャンプーしたりドライヤーをかけると束で抜けるようになりました。

 束で抜けるというのは病気かと思うほどで、おまけに今までは美容室でカラーしたりしてもしみたりしなかったのが、しみるようになったり、頭皮に痒みが出たり、今までと明らかに違う状態でした。

 さすがにこれは何とかしないと!と思い、今まで使っていた髪のダメージを補修するものを一旦お休みして、頭皮用のシャンプーに変えました。使ってみた感想は頭皮が弱っていたからか、シャンプー後に痒みが出ました。しかし使わないと変わらないと思ったので我慢して1ヶ月ほど使用しました。

 使ってみて効果はあまり実感はなく、最初は痒みがあっただけだったものが、フケが出てきてしまったり、痒みの原因か頭皮にプツプツとニキビのようなものができてしまいました。

 あと普通のシャンプーと比べて匂いがなかったからなのか、それとも泡立ちがあまりなくしっかり洗えてなかったのか、日に日に頭皮が臭うような気がしました。
合わせて育毛効果のある頭皮の美容液を使っていましたが、そちらは着けた瞬間しみてヒリヒリしました。

 こういった結果から、育毛効果や頭皮系のシャンプーに含まれる成分はわたしの肌には合ってないのかな?と思いました。抜け毛はあまり変わりませんでしたが、痒みやフケを避けたくて、まだ残っていましたが家族に譲ってしまって今は使っていません。

 ただ抜け毛の量は未だに変わらず悩んでいるので、もし何の成分がわたしに合わなかったのか分かって、その成分が入っていない頭皮用のシャンプーがあるなら使ってみたいなあと思っています。原因が今はわからないので、同じシャンプーをもう一度使うことはほぼないでしょう。

 ストレス 抜け毛